外壁塗装 料金 相場

外壁塗装の料金相場が一発でわかる【ヌリカエ】

>>ヌリカエの公式サイトはこちら

 

一軒一軒見積もり請求する必要なし!

外壁塗装の見積もりを、一軒一軒チェックするのは、気が遠くなるほど面倒な作業です。

 

ネットの見積もり依頼は、24時間受け付けているけど、見積もり依頼の度に『住所・名前・電話番号』などの入力が必要になり、何軒分も入力していると、嫌になってきます!

 

しかし、それぞれの見積もりを比較しないことには、どこの業者にお願いするか簡単には決められません!

 

出来るだけ多くの業者から見積もり取りたいけど、実際に自分一人で沢山の業者に見積もり依頼をするのは骨の折れる作業です。

 

そんな見積もりの取り寄せで苦労したことがある人におススメなのが『ヌリカエ』です。

 

『ヌリカエ』は、複数の優良加盟店に一括で見積もりを請求できるサイトです。

 

料金相場の確認に非常に役立ちます。

 

ヌリカエのすごいところは、全国どこでも一括見積もり請求ができること!

 

無料で適正価格がわかるので、まだ本格的に工事を頼むかわからない人でも、気軽に利用できます!

 

業者に直接見積もり依頼をすると、その後にしつこい営業電話などに悩まされることもありますが、ヌリカエの場合は、仲介業者が入りますので、しつこい業者からの営業電話に悩まされることがないのも魅力です!

 

 

たった【10秒】で料金相場がわかる!

外壁塗装の見積もりを依頼したけど、返信が来るまでには通常時間がかかります。

 

多くの場合、1日〜2日程度で返信ができます。

 

でも、仕事をしていて、なかなか時間がない人などは、見積もり依頼をしたら、その場ですぐに相場を知りたいと思う人も多いです。

 

ヌリカエは「すぐに相場が知りたい」という人にもピッタリ!

 

ヌリカエの一括見積請求は、『10秒』で結果が出るからです。

 

機会による自動応答ではありますが、すぐに大体の価格が知りたいと言う人にとっては、ヌリカエの回答の早さは実に便利です!

 

ちゃんと業者さんに、一つ一つを確認しながら見積もりをとりたいという人の場合は、ヌリカエでは物足りなさを感じてしまうかもしれません。

 

特殊なケースを含んでいて、単純な塗り替え工事では済まない場合は、直接業者さんに話をして見積もりを出してもらったほうが良い場合があります。

 

しかし、標準的な塗り替え工事などの見積もりや、少しでも早く料金を知りたい人にはヌリカエはおススメです!

 

たった10秒で複数業者に見積もり依頼をするのは、人間一人の力では、難しいものです。

 

ヌリカエのような、一括見積請求サイトを使う利点は、結果が出るまでのスピードが早いというのも大きな理由ですね。

 

 

厳選された業者だけが加盟

ヌリカエに登録されている加盟店は、実績や資格など、厳選された業者だけなので、どの業者を選んでも、『一定の質』が保たれているので安心です。

 

外壁塗装業者であれば、誰でも加入できるような仕組みではないので、業者の品質を重視したい人にとっては、ヌリカエはおススメです。

 

ヌリカエの厳しい審査を通過した業者だけが、加盟店として登録できますので、悪徳業者に当たる可能性が、それだけ低くなります。

 

年間施工実績や設立年数もしっかりチェックしているので、思いつきで昨日・今日で外壁塗装を始めたような便利屋もどきでは、ヌリカエの加盟店にはなれないのです。

 

外壁塗装業者と言っても、世の中には、便利屋の延長で業務をしているような業者もいます。

 

そしてそういう業者ほど、資格も実績もないので、いざ工事をお願いしたら、トラブルが起こるケースが多いのです。

 

資格も実績もない素人が外壁塗装を行えば、当然、仕上がりが悪くトラブルになる可能性は高くなります。

 

ヌリカエでは、便利屋ではなく、しっかり経験も実績もある外壁塗業者のみを対象にしているので業者の質に安心感があります。

 

 

仲介だからできる【専任アドバイザー】の魅力

そして、ヌリカエのもう一つの魅力として『専任アドバイザー』がいることが挙げられます。

 

仲介業者という立ち位置を上手く使った『専任アドバイザー』は、依頼主にとってもメリットが沢山あります!

 

本来、仲介業者というと、『仲介料』とかネガティブなイメージが浮かぶ人もいるかもしれません。

 

しかし、ヌリカエの場合、この仲介というポジションを上手く利用して、専任アドバイザーが依頼主にとってメリットがある活躍を沢山してくれるのです!

 

中でも専任アドバイザーの活躍が大きいのは『業者とのやり取り』においてです。

 

業者と依頼主の場合、気が弱い人だと、なかなか業者さんに言いたいことがあっても、言えないことってあります。

 

そして、本音を言えないまま工事が進んでいくので、後になってから、不満が募って、トラブルが発生するケースもあります。

 

ところが、ヌリカエの場合、専任アドバイザーがいるので、業者さんへ直接言いにくいことを、仲介業者であるヌリカエの専任アドバイザーに言うことによって、問題を解決してもらえます。

 

自分の気持ちもちゃんと反映させた工事にしたいと思うのであれば、自分の意見をなかなか言えない人は、ヌリカエの専任アドバイザーのように相談できる人がいると安心です。

 

>>ヌリカエの公式サイトはこちら

工事の飛び込み営業は信用できない!

工事の飛び込み営業だと相場がわらない!

よく外壁塗装の失敗談として、挙げられる例に『工事の飛び込み営業』があります。

 

今は飛び込み営業してくるケースって、昔に比べれば、かなり減ったと思いますが。

 

やっぱり今でも飛び込み営業はあります。

 

直接営業の人と話をするので、話し込んでいるうちに、営業マンを気に入って、そのまま契約してしまったなんて経験がある人もいると思います。

 

でも、飛び込み営業って、後になってから「相場よりも高かった!」と後悔するケースが後を絶ちません!

 

やはりいきなり家に訪問されても、外壁塗装の相場なんて、その時点ではっきりとわかっている人は少ないと思います。

 

よく相場がわっていないまま、何となく営業マンの巧みなトークで、あれよあれよと、契約してしまったけど、後になってから冷静になると、「高い買い物をしたな〜」となることもあります。

 

基本的に、営業マンは、会話が上手い人が多いですから、勢いだけで契約してしまうのは相手の思うつぼです。

 

やはり工事の飛び込み営業が来た場合、まずは一度断るようにすることが失敗しない大事なポイントになってきます。

 

飛び込み営業も、1回時間を置いて、ちゃんと周りの意見も聞くことが大事です。

 

実際に周りに相談をしてみて、本当に良い契約内容であれば、後日連絡をすればよいのです。

 

割引をちらつかされても、やはり相場がわからない場合などは、名刺やパンフレットだけ貰っておくのが一番無難です。

 

工事は『悪化する前』に行うのが一番

そして、外壁塗装を少しでもリーズナブルにしたいと思う人は、『悪化する前』に工事を行うようにしましょう。

 

『悪化してからの工事』と『悪化する前の工事』では、悪化する前の工事の方が、やはり傷みが少なく、工事で必要となる作業が少ないので、安く済むケースが多いです。

 

一方、悪化してからの工事というのは、単純に塗替えではなく、サイディンボードの張り替えが必要になってしまったり、症状が深刻なので、工事費用が膨らみやすいのです。

 

悪化しない程度に、外壁塗装をしていれば、塗り替えだけで十分ですが、悪くなってから工事というのは、塗り替えだえでは対処できないケースもあるので、思わぬ高額出費になるのです。

 

そのため、張り替えが必要になる工事になる前に、短期間で、外壁塗装を行い、日頃から家を綺麗にメンテナンスしておくことが大事です。

 

一般的に、外壁塗装の工事は、10年に1回くらいの頻度で見直した方が良いと言われています。

 

特に安いアクリル塗料を使った新築物件は、効果が5年前後でなくなってしまうので、5年〜10年の間に一度外壁塗装でチェックを入れた方が良いそうです。

 

まだまだ綺麗なので、問題がないと思っていても、プロの目からみれば、細かいひび割れなどが発生している可能性がありますので、素人目ではなかなか判断が難しいところです。

 

>>ヌリカエの公式サイトはこちら

塗料は乾燥させることが大事!

塗料が乾燥によって硬化し塗膜になるまでが大事!

外壁塗装で使用される塗料は、ただ塗れば良いというものではありません。

 

塗料がしっかり乾き、硬化して塗膜になるまでが大事なポイントなのです。

 

塗膜になるまでに、塗料に雨水が混じったりすると、塗膜が弱くなり、ひび割れなどのトラブルの原因になってしまうことがあります。

 

そのため、外壁塗装は、基本的にお天気の時にやるのが一番!

 

雨が長く続き、湿気でなかなか乾かない梅雨や雪の時期は、外壁塗装をするのに向かない時期です。

 

降雪地帯では、梅雨の時期に加えて、冬場もなかなか工事が難しくなります。

 

そのため、春や夏の天気の良い限られた時期に、計画的に外壁塗装の計画を進めることが大事になってきます。

 

せっかく外壁塗装をしたのに、雨などが混じって、強度が弱くなってしまうのでは、意味がありません。

 

雨の時は、外壁塗装をするのを諦め、塗料がしっかり乾燥しやすい時期に外壁塗装をすることをおススメします。

 

塗料が乾くまでの時間は、下塗りと上塗りでそれぞれ2時間以上、最終養生で24時間くらいかかると言われています。

 

お天気が良ければ、スムーズに進みますが、湿気が高くなかなか乾燥しない場合などは、もっと時間がかかる可能性があります。

 

その間、窓などが開けられなくなってしまうので、住人も窓を開けられないことによる不便が、長時間続くこともになってしまいます。

 

 

しっかり塗料を乾燥させないと臭気が残りやすい!

そして、塗料はしっかり乾燥させないとダメな理由がもう一つあります。

 

それは『臭気』の問題です。

 

しっかり乾燥化させた塗料は、臭気が抜けやすいという特徴があります。

 

しかし、雨が降っていて、じめじめと高温多湿の状況が続くと、なかなか塗料が乾燥せずに、塗料の独特な臭気が抜けにくくなってしまうのです。

 

塗料の臭気は、人によっては、頭痛や吐き気などの体調不良を感じる原因にもなります。

 

塗料の臭気に弱い人が、1日中家で過ごしていると、健康を損なう可能性もあります。

 

早く塗料の臭気を抜けさせるためにも、工事はデキるだけ早く乾燥できるお天気の日を選ぶのが大事です。

 

しっかり塗料を乾燥させることによって、臭気は気にならなくなってきます。

 

湿気の多い地域や、梅雨の時期は、乾燥させることが難しいので、少しでも早く周期の問題を解決したい人は、春や夏の時期を選んで、短期間で工事を完了させることが大事です。

 

工事は、「悪くなってから依頼」をするより、「悪くなる前に依頼」する方が、費用もリーズナブルで、工期も比較的短くなります。

 

そのため、外壁塗装工事を依頼するタイミングは、「まだ大丈夫だけど、そろそろ経年劣化が見えてきた」くらいの時期が最適です。

 

余裕をもって、外壁塗装を依頼する方が、焦りがないので、正しい外壁塗装業者を選択することができます。

 

>>ヌリカエの公式サイトはこちら

見積もり請求した業者からの営業がしつこい!

しつこい業者がいるから気軽に見積もりできない!

外壁塗装をお願いしたいと思っても、一度見積もりを依頼すると、しつこく営業電話やメールをしてくるしつこい業者がいるから、気軽にできない!

 

そういう人、実はすごく多いんです。

 

まだまだ本格的にすぐの工事を考えているわけじゃないけど、一応見積もりでどれくらいなのか、将来に備えて調べてみたいっていう人も、当然いるわけです。

 

なのに、一度見積もりをしたら、知らない番号からガンガン電話がかかって来たり、しょっちゅうメールで催促が来たりすると、うんざりしてしまいますよね。

 

『お気軽にお見積りを!』なんて書かれているけど、実際にはしつこい業者の営業に迷惑をしていることもあります。

 

しつこい営業に悩まされるくらいだったら、見積もりをしない方が良いって思ってしまう人もいます。

 

でも、外壁塗装って、結構な料金がかかりますので、やっぱりできれば大体の相場を知っておいて、将来に備えて、貯金をしておきたいっていう人もいると思います。

 

そういう人は、業者さんのHPから直接見積もり請求をするのではなく、『一括見積サイト』を利用することをおススメします。

 

業者さんのHPから直接見積もりを依頼してしまうと、やっぱりしつこい業者さんだと、営業電話やメールが激しく、相手をするのが面倒になってしまいます。

 

一括見積サイトの場合は、自分と業者さんの間に『仲介業者』が入るので、業者さんからの直接の営業に悩まされなくて済みます。

 

 

仲介業者のメリット

仲介業者が入ることによって、しつこい業者さんとの直接のやり取りをしないで済むことは、精神的に大きなメリットです。

 

断るのが下手な人の場合、あんまりにもしつこい営業にうんざりして、営業電話を減らすために、契約してしまうこともあります。

 

はっきり断れる人の場合は、しつこい業者さんとの直接交渉でもなんとか乗り切れますが、はっきり断れない人は、しつこい業者さんだと負けてしまう可能性があるのが難点です。

 

そう言う人は、仲介業者さんを挟んだほうが、自分の本当の要望が言いやすくなったり、しつこい業者さんの勢いに押されて不要な契約を結ばないで済むので、安心できます。

 

仲介業者さんがいることによって、『人間関係のゴタゴタ』を極力避けることができるというのが、大きなメリットです。

 

言いたいことが自分で言える人は、業者さんとの直接の交渉の方が良いですし、あまり言えない人は、仲介業者を選んだ方が良いと思います。

 

仲介業者を使ったほうが良いかどうかは、やはり依頼主の性格にも大きく影響していると思います。

 

外壁塗装でしつこい業者に悩まされたくないと言う人は、まずは仲介業者さんがいる一括見積サイトを試してみて、様子を見てみるのが良いと思います。

 

もしも仲介業者さんがいることによる不便を感じるのであれば、直接交渉へ変えても良いと思います。

 

 

>>ヌリカエの公式サイトはこちら

悪徳業者は『追加料金』に注意!

悪徳業者の費用はなぜ高くなる

ズバリそれは、見積もりして、工事が着工となってから、『追加料金』を請求するケースが多いからです!

 

つまり、契約取ったら、あとはいくらでも理由をつけて、あの手この手で、追加料金の発生する工事を迫ってくるのです。

 

何の知識もない一般人が、専門業者に「このままだと危ない」なんて言われれば、当然動揺します。

 

しかも、工事が既に着工済みというのも、追加工事を受け入れざるを得ない状況になってしまいます。

 

断ることが苦手な人の場合、ついつい承諾してしまい、結果的に見積もりも高い料金になってしまうのです。

 

はっきりと断ることができる人だったら良いですが、断ることができない人は、悪徳業者の良いカモになってしまいます。

 

悪徳業者は、話し上手が多く、一見、悪徳業者だとわからないケースも多いです。

 

それだけに、契約前に話をしてみて、『この人良さそう』と、信用してしまうと、後になってから追加料金が発生しても、『自分のために一生懸命やってくれている』と騙されていることに気づいていない人もいます。

 

しかし、後から他人に「不要な工事を追加された」とか「相場よりも高い料金」だと指摘されて、初めて悪徳業者だったことに気づきます。

 

「人柄が良さそうだったから信用したのに…」と、後になってから色々な意味でがっかりさせられてしまうのが、悪徳業者の嫌なところです。

 

 

悪徳業者に追加工事を要求されたら誰かに相談を!

では、一般人が、悪徳業者の不要な追加工事を受けないためには、どうしたら良いのか?

 

まず、その場で安易に『受け入れないこと』です。

 

「主人に相談してみます」「少し考えさせてください」など、どんな理由でも構いません。

 

その場で結論を出すことだけは避けましょう!

 

他人へ相談されることを嫌がるような素振りは、悪徳業者の可能性があります。

 

何もわからない人間を丸めこんで不要な追加工事をさせるのが悪徳業者の狙いです。

 

そのため、不要な追加工事をさせようとしていることが、他人にバレるのは、悪徳業者にとって、都合の悪い事!

 

事情のわかる第三者に相談されて、不要な追加工事を請求した悪徳業者と判明すれば、当然トラブルになります。

 

そのため、悪徳業者は、他の人へ相談されることを嫌がり、不要な追加工事を請求していることがバレないうちに、早々に結論を出させようとするのです。

 

本当に、依頼主のことを考えている業者さんであれば、無理なことは勧めません!

 

正しいことをしている自信があるからこそ、考える時間をちゃんとくれます。

 

依頼主を急かせて、追加工事の契約をさせようとする業者さんは、やはり警戒をするべきです。

 

本当に必要な工事なのかどうかを、ちゃんとチェックするまでは、安易に追加工事を認めない方が無難です。

 

「自分は専門的なことは、わからないから」と、何でもかんでも「お任せします」という人ほど、悪徳業者の良いカモになりますので、注意をする必要があります。

 

 

>>ヌリカエの公式サイトはこちら

梅雨って外壁塗装できるの?

梅雨の外壁塗装は工期が長引く!

梅雨の時期でも外壁塗装は『可能』です。

 

しかし、塗料や塗膜に雨水が入りこむことによって、『ひび割れ』『白化』などのトラブルが生じやすく、仕上がりに大きな問題を残す可能性があるため、一般的には梅雨の時期の外壁塗装は避けたがる人が多いです。

 

しかし、外壁トラブルが起きてしまえば、梅雨だろうが関係なく、工事をしないと、生活に支障が出る場合もありますよね。

 

どうしても梅雨の時期に外壁塗装をする場合、覚悟をしないといけないのは『工期の長期化』です。

 

通常、外壁塗装は、塗料をしっかりと乾燥させることが重要ですが、雨期はそれが難しくなってしまいます。

 

そのため、使用する塗料によっては、梅雨の時期は湿度が高く、なかなか塗料が乾かないので、1つの工程に何倍もの時間がかかる可能性があります。

 

効率の良い工事を求めている場合、梅雨明けから工事を始めた方が、意外にも早く終わってしまう可能性もあります。

 

事前に予知することは難しいですが、梅雨自体が長引いてしまうと、特に外壁塗装の工期が長引く可能性が高くなります。

 

いつ梅雨が終わるかなんてわかりませんので、心配な人は、梅雨の期間は避けて、梅雨明けを待ってから外壁塗装を開始することをおススメします。

 

また、どうしても梅雨の時期に外壁塗装をするのであれば、乾きやすく、硬化しやすい塗料を使用するのも一つの方法です。

 

また、断続的に大雨が降っているような時期であれば、梅雨の時期以外であっても、外壁塗装のタイミングとしては、あんまり良くありません。

 

養生テープやシートの貼りっぱなしで窓が開けられない!

そして、梅雨の時期に外壁塗装をするもう一つのデメリットとして、『窓が開けられなくなること』です。

 

通常通り、早く工事が終われば問題ありませんが、梅雨の時期の工事は工期が長引きやすいもの。

 

つまり、工事が長引けば長引くほど、窓を開けられない時期が長期化し、不便に感じることもあります。

 

また、外壁塗装の工事中は、それだけ家の周りを職人さんが出入りしたりするので、警戒心が強い人は、気になってしまうこともあります。

 

また、塗料の臭気が気になり、頭痛や不調を感じる場合も、無いとは言い切れません。

 

工期はデキるだけ短い方が、住人にとって色々なメリットがあります。

 

特に職人さんの出入りが気になってしまい、精神的に落ち着かないと言う人は、梅雨の時期の外壁塗装は避けて、デキるだけ短い工期でやってもらうほうが安心です。

 

梅雨のジメジメした時期に、ちょっと換気をしたいと思っても、養生テープなどで窓を開けられなかったり、開けられたとしても、塗料の臭気で体調が悪くなる可能性もあるので、基本的に窓は開けられないものと覚悟をしておく必要があります。

 

梅雨以外の時期であれば、塗料の臭気も簡単に飛びやすいのですが、梅雨のように湿気の多い状態だと、臭気がなかなか抜けないケースも多いと言われていますので、塗料の臭いが残ることが心配な人は、梅雨の時期の外壁塗装は避けることをおススメします。

 

 

>>ヌリカエの公式サイトはこちら

価格や費用相場の安さだけに飛びついちゃダメ!

価格や費用相場だけではわからない『職人の腕』

外壁塗装はできることなら「安く済ませたい」。

 

誰しもが価格は非常に気になるところです。

 

しかし、価格や費用相場だけではわからない部分もあります。

 

それが『職人の腕』です。

 

安くても腕の良い職人はいますし、高いからといって、職人の腕が必ずしも良いとは限りません。

 

外壁塗装で一番避けたいのは『腕の悪い職人に当たること』

 

腕の悪い職人にあたると、仕上がりが汚かったり、ひび割れなどのトラブルが後になってから生じるため、『再工事』が必要になってしまいます。

 

本来だったら、1回で済むはずだった工事が、職人の技術不足で再度必要になってしまうのは、やはり依頼主にとっては不満が残ります。

 

外壁塗装は、養生テープを使って窓を封じたり、工事中は足場を組みますので、住人にとっても、人の出入りが多く、気になるものです。

 

やはり工事は、一回で綺麗に仕上げてくれる職人さんの方が有難いわけです。

 

そのため、価格や費用相場だけを見て、外壁塗装業者を決めてしまうのではなく、口コミや実績なども総合的に判断してから、業者を選びたいものです。

 

少しでも安くしたい気持ちはみんな一緒です。

 

しかし、安さだけに釣られてしまって、契約した工事は、後に落とし穴が待っていることも多いため、勢いだけで契約してしまうのは避けましょう。

 

価格の安さだけで、勢いで契約してしまうと、後で後悔する可能性があります。

 

 

価格や費用相場だけではなく実績も重要!

特に価格や費用相場以外で、ちゃんとチェックしておきたいのが『実績』です。

 

経験豊富な業者さんは、HPにこれまでの工事実績を写真付きで紹介しています。

 

工事前と工事後の写真や、問題点がしっかり記載されている業者さんは、やはり安心して任せることができます。

 

口コミも『文字』だけだと、サクラの可能性がありますので、写真が一切ないような実績には、注意が必要です。

 

実際の写真があると、依頼をする方も、どのような工事をしてくれるのか、イメージが沸きやすくなります

 

写真付きの実績を紹介している業者さんは、やはりそれだけ自信があるのです。

 

しっかり技術のある職人さんに依頼をしたい場合は、実績を重視して選ぶのもおススメです。

 

また、実際に近所に住んでいる人の口コミによって、業者さんを選ぶのも一つの手段ですね。

 

ご近所さんだったら、実際の施工例を間近に見れるのですから、間違いありません!

 

費用もどのくらいかかったのか、聞きやすいと思いますので、参考にしてみるのも良いと思います。

 

外壁塗装は、価格や費用相場だけではわからない部分が沢山ありますので、安さだけで業者を選ぶのではなく、職人の技術力や実績などもちゃんと考えた上で、決定するようにしましょう。

 

実績のない業者さんだと、やっぱりトラブルが起きた時に心配になってしまいますからね。

 

>>ヌリカエの公式サイトはこちら

屋根だけの工事は意外に高くつく!?

屋根と外壁の工事は『同時』が一般的

外壁塗装では、屋根と外壁の工事は同時に行う事が多いです。

 

でも、「予算が厳しいので片方だけでも」と、屋根だけや外壁だけの工事を希望している人もいると思います。

 

実際、屋根や外壁だけの工事を依頼するのと、同時にお願いするのでは、どっちの方が、お得なのか?

 

それは『足場代』が鍵を握っています。

 

屋根だけの工事をする場合でも、屋根と外壁を工事する場合でも、必要になるのが足場代です。

 

足場を組まないと、安全性が確保できませんので、ちゃんとした外壁塗装業者であれば、どこでも足場代は発生します。

 

あまり聞き慣れないので、「足場代なんて本当に必要なのか?」と思う人もいるかもしれませんが、外壁塗装工事では、必要になる費用です。

 

しかしこの足場代!

 

実は工事の20%前後を占めるため、意外に高くつくから、どうにかならないかと悩んでいる人も多いと思います。

 

結論から言えば、安全な工事をするためにも、足場代は払わないわけにはいかないけど、デキるだけ無駄をなくしたいのであれば、『工事の回数を減らすこと』が有効です。

 

そのため、外壁と屋根の工事をそれぞれ別に行って2回依頼するよりも、外壁と屋根の工事を同時に行い1回で済ませる方が賢明なのです。

 

足場代は『足場架面積と平米単価』によって決定されますが、15万円〜20万円前後するケースが多いです。

 

 

屋根を自力で塗装するのは危険!

そして中には、意外に高い足場代を節約したくて、「自分でやっちぇえ」と思う人もいるかもしれません。

 

しかし、自力の外壁塗装は、一歩間違えると『命の危険』があります。

 

プロの外壁塗装ですら、安全性を確保するために、足場を組んで取り掛かる作業を、素人がはしご1本なんかで挑戦すれば、事故やケガのリスクが付きまといます。

 

はしご一本で屋根や外壁の工事を自分で行った結果、転倒や落下があれば、足場代を節約できたとしても、無駄な医療費がかかってしまいます。

 

また、落下の際の打ちどころが悪ければ、一生障害が残る可能性もあります。

 

足場代をケチったばかりに、一生障害で悩まされてしまったり、入院や手術が必要になるほどの膨大な医療費がかかる可能性があります。

 

一般人が自分で屋根や外壁の塗装に挑戦するのであれば、プロの業者が行うくらい、しっかりした足場を組んで挑戦しないと、大変危険です。

 

安易に屋根や外壁の塗装を、自分でやろうと思うのは危険です。

 

自分で外壁塗装を行うのであれば、本当に安全性が確保されているのか、ちゃんと確認する必要があります。

 

そして、万が一、落下してしまった場合、膨大な医療費や障害が残る可能性もあるという危険性も、覚悟しておくべきです。

 

安全性などを考えれば、やはり屋根や外壁の塗装工事は、足場代を支払ってもプロにお願いをする方が無難です。

 

>>ヌリカエの公式サイトはこちら

外壁塗装の相場は地域によって異なります

外壁塗装の相場は全国平均と比べてはダメ!

外壁塗装の相場を調べる時は、全国の平均相場と比較するのはあまり意味がない事です。

 

当然、地域が違えば、外壁塗装の相場も違います。

 

安い地域もあれば、高い地域もあります。

 

しかし、実際に自分が外壁塗装を依頼するのは、自分の住んでいる地域の業者さんです。

 

外壁塗装の相場で一番大事なことは、『地域の相場』を知っておくことです。

 

でも、地域の相場を知ることって、実はすごく難しい!

 

地域の小さな外壁塗装業者は、HPを持っていなかったり、どのくらいの数の業者さんがいるのかもよくわかりません。

 

自分で、一軒一軒見積もりで情報を集めていたら、それこそ日が暮れてしまいます!

 

地域の外壁塗装業者を一括で見積もり請求できるサイトを利用するのが一番です!

 

自分一人で、その地域一帯の外壁塗装の相場を調べることは、想像以上に難しいことです。

 

時間が有り余っている人だったら、一軒一軒電話で聞いて行くこともできますが、忙しくてなかなか見積もりを請求するのもままならないような人の場合は、見積もりを一括請求できるサイトを利用した方が、効率良く地域の相場を調べることができるのでおすすめです。

 

まず初めに一括請求サイトで見積もりを出してみて、それでも満足できなかったら、自分で気になった業者さんに一軒一軒見積もりを請求する方が、やはり労力が少なく済みます。

 

 

外壁塗装の相場より『追加料金』の有無のが大事!?

また、外壁塗装の相場を調べても、注意をしないといけないのが、『追加料金』の有無についてです。

 

それぞれの外壁塗装業者が、契約後に追加料金を取るかどうか調べるために役立つのが『口コミ』です。

 

見積もりをした段階では、どの外壁塗装業者よりも安くて、思わず安さに飛びついてしまったけど、契約をした後に追加料金を取られて、結局高くついてしまったという失敗談はよくあります!

 

悪徳業者の中には、契約を取るために、わざと見積もりは低くしているケースもあります。

 

そのため、安さだけに飛びついてしまっても、後になってから「安かろう悪かろう」の典型的な失敗になる可能性があります。

 

やはり、外壁塗装のように、失敗したくないものについては、価格だけで決めてしまうのは危険です。

 

外壁塗装業者の技術力や、着工後のトラブルの少なさなど、過去の実績も、十分に参考して選びたいものです。

 

どんなに価格が安くても、職人の腕が悪くて、再度工事が必要になったり、追加料金をふっかけられて、トラブルになるのでは、嫌ですよね。

 

過去にちゃんと実績があり、口コミの評判も悪くない外壁塗装業者さんを選ぶことが非常に大事です。

 

口コミや実績がない外壁塗装業者さんを選ぶときには、ちゃんと見積もり以外の『追加料金』が、後から請求されないことを、ちゃんと確認する必要があります。

 

>>ヌリカエの公式サイトはこちら