グレードが低い塗料は寿命も短い

せっかくの自分の持ち家や建物を長く維持したいものですが、維持するためには綺麗な建物を保たなくてはいけません。そこで考えないといけないのが、外壁の塗装が必要になってきます
。外壁の塗装は決して安いものではありませんが、塗料の中でもグレードがあります。グレードがあるということは、もちろん価格も違えば内容成分も違いがあります。この違いで価格が
変わってくるということは、塗料の寿命も変わってきます。一般的な塗料を使った外壁塗装では、平均10年前後が寿命と言われている中で、グレードの低い塗料になると、平均寿命は3
年から5年の寿命となることが多い様です。逆に最新の塗料を使うことで、長寿命を実現しています。塗料の中には、シリコン樹脂系塗料やラジカル制御塗料、フッ素樹脂系塗料、セラミ
ック塗料、ナノテク塗料、アクリル樹脂系塗料。ウレタン樹脂系塗料などと、たくさんの塗料の種類があります。この中でも、一番安いと言われているのが、アクリル系塗料になります。
その次が、ウレタン系樹脂です。それ以外になると、10年以上持つと言われている物がほとんどになります。結果としては、安い塗料を2回塗る期間がある事を考えると、高く長持ちす
る塗料を一回塗る方が料金と寿命で考えると安くなることも分かります。安いことは非常に嬉しいことではありますが、余計に料金がかかってしまうことは避けたいのは、皆さん同じでは
ないでしょうか。余計なお金を使うことを誰も好みません。同じような工事になるのであれば、ムダなお金もですが何度も依頼する手間もかかります。建物の立っている場所によっても状
態は違いが出ます。安い塗料でも場合によっては長く持たせることも可能になる場所もあるでしょうし、安いとやはり寿命が短い場所もあります。海の近くや山付近の家でも違いがありま
す。値段やグレードも見極め無いといけませんが、建物の場所もちゃんと把握したうえで考えるとさらに良いでしょう。

 

外壁塗装の料金相場シュミレーション!【10秒】でわかります!